水性塗料・溶剤塗料の違いについて【半田市・常滑市・武豊町・阿久比町・美浜町・碧南市の外壁塗装・屋根塗装の匠カコイ塗装】

半田市・常滑市・武豊町・阿久比町・美浜町・碧南市の皆さんこんばんは!

今回は、、、

水性塗料溶剤塗料どっちがいいの?

と言うお悩みについて解説していきます!

外壁塗装・屋根塗装に使う塗料には水性塗料と溶剤塗料があります。

塗料は「顔料」「樹脂」「添加剤」「溶媒」

と言う成分を配合して塗料を作っています。

「顔料」「樹脂」「添加剤」「溶媒」は液体ではないので、それらを溶かすために使うのが「溶媒」という物です。

「溶剤塗料とは?」

塗料を塗る際に塗料が定める規定の量のなかでシンナーや水を混ぜて使います。

混ぜる際にシンナーを使うのが「溶剤塗料」です。

溶剤塗料の中でももっと細かく説明すると「弱溶剤」「強溶剤」と2種類に分かれます。

「強溶剤」は塗料を混ぜるさいに刺激が強いシンナーを使用します。(下地が弱いと下地まで溶かしてしまう事もあります。)

「弱溶剤」はシンナーの中でも刺激の弱い塗料用シンナーなどを使用します。(住宅塗装の場合は大体コチラを使用します。)

水性塗料とは?」

水性塗料は塗料を使用する際に「水」を使用するのが「水性塗料」です。溶剤塗料と比べると臭いが少なく、環境への影響もすくないのが、「水性塗料」です。

どっちが耐久性いい?

少し昔までは今ほど、機能性の高い水性塗料は開発されていなかった為「溶剤塗料」の方が強いと良く言われていましたが、環境配慮の点から水性塗料も進化して、今では正直溶剤塗料と変わらないです。これは塗料メーカーも言っているので間違いです。

ですが塗料の艶感などは塗料によりますが溶剤の方が多少艶感があるかな?というくらいです。

塗料の密着も溶剤は優れていますが、どちらも下塗り、下地処理の工程をしっかりとしていればあまり気にしなくて良いです。

塗装箇所によっては溶剤が良い

外壁塗装を、行う際に「外壁」「屋根」の他に、付帯部分の塗装があります。雨樋・水切り・雨戸・破風板など塗装する際には水性ではなく溶剤塗料を使用するのが一般的です。

水性塗料と溶剤塗料どちらで塗装する事が多い?

最近ですと、カコイ塗装では8割ほど外壁は水性塗料で施工しています。

そして塗装業界でも水性塗料が使用される事が多くなりました。

お客様に水性を進める理由としましては、「臭いが少ない」「ご近所に臭いでの迷惑をおかけしない」という点から水性塗料をオススメしています。ですが付帯部分の塗装をするときだけ「溶剤塗料」を使用します。

まとめ

水性塗料と溶剤塗料という点では余り差はないですが、外壁の既存の状態、種類によってはどちらかがいいと言う事はあるので現場調査に来た方がしっかり知識さえあればそこでの失敗は防げるでしょう!

経験の浅い営業マンなどがくると、塗料の選択ミスなどを起こし施工不良に繋がることもあります。

カコイ塗装では現場の調査に伺うのが代表のカコイか塗装一筋の現場管理がお伺いします。

外壁塗装で悩み事や相談でも大丈夫なのでお気軽にお問合せくださいね!


一覧ページに戻る